人物

松下玲子(武蔵野市長)は帰化してた?!中国か韓国人で通名の噂は?

松下玲子(武蔵野市長)は帰化してた?!中国か韓国人で通名の噂は?

東京都武蔵野市の松本玲子市長が外国人に選挙権を与えることを推していて、議論になっていましたね!

今回の議会で否決になっていましたが、なぜ外国人に選挙権を与えるのかと疑問に思いましたよね?

そんななかで松下玲子市長に帰化した日本人だったという噂があることが分かりました。

中国か韓国人で帰化していて、松下玲子という名前は通名だという話もあります。

そこで今回は【松下玲子(武蔵野市長)は帰化してた?!中国か韓国人で通名の噂は?】と題して調査していきたいと思います!

松下玲子(武蔵野市長)は帰化してた?!

  • 帰化しているかは不明
  • 戸籍上の名前は内田玲子(うちだ・れいこ)

武蔵野市長の松下玲子さんには日本に帰化した外国人だったという噂があります。

というのも今回の外国人にも選挙権を与えるといった内容を推し進めていたことから言われています。

ただ、結果的に松下玲子武蔵野市長が日本に帰化した外国人だったのかは分かっていません。

ご本人が公言されている訳ではないですし、帰化しているのかいないのかは誰にも分かりません。

ただ戸籍上の名前が異なっていて「内田玲子」となっているのは、ご結婚されているから!

結婚されていて旦那様の苗字になっているので戸籍上のいわゆる本名は内田玲子ということですね。

ただ、たしかに松下玲子という名前を見ると帰化して日本国籍を取得している人の名前にも見えなくはないですよね…。

ですが名前だけではやはり判断はできませんし、日本人で苗字が「松下」や名前が「玲子」という方はたくさんいらっしゃいます^^

松下玲子武蔵野市長に関しては、今後も明らかにされることはないんじゃないでしょうか。

松下玲子(武蔵野市長)は中国か韓国人で通名の噂は?

(※1番右側が松下玲子武蔵野市長)

  • 通名の噂はある!
  • 帰化しているという噂もある

松下玲子武蔵野市長には前述の通り日本に帰化しているという噂の他に、関連して「通名」なのでは…という噂があります!

たしかに日本に帰化した外国人だという噂が出ているので、通名なのではと疑惑が浮上するのも分かります。

ちなみに通名というのは…

通名(つうめい)とは、通称名の略。
現在、一般に「通名」とは外国籍の者が日本国内で使用する通称名を指す。
法規等の文中などでは「通名」ではなく「通称」と表記される。

引用:Wikipedia

なので、松下玲子武蔵野市長には通名として使用している「松下玲子」という名前の他にも本名で中国か韓国などの名前があるのではないか…?

という疑惑が浮上しているということになります!

ただ、前述の通り日本に帰化しているのかも不明でしたし、外国籍で通名を使用して活動しているのかというのも不明でした。

ですが戸籍上の名前が「内田玲子」と明らかになっているので、玲子という名前は本名なんだと分かります!

しかしここで疑惑が消えないのは「玲子」という名前が、中国語読みも韓国語読みもできる名前だからなんですよね…。

ちなみに中国語では「リィン ズゥィ」と読むそうで、韓国語では「リョンジャ」と読みます。

※中国語は発音が幾つかあって検索をかけて調べたので間違っていたらすみません…m(_ _)m

このことからも松下玲子武蔵野市長には中国もしくは韓国人だった可能性があると噂されていました。

そしてお名前が通名なのではないかという疑惑もずっと浮上しているという訳でした。

ただ、あくまで噂どまりで真実は分からないといった形ですね…!

松下玲子(武蔵野市長)プロフィール

画像引用:Twitter

【プロフィール】
名前:松下玲子(まつした・れいこ)
戸籍上:内田玲子(うちだ・れいこ)
出身地:愛知県名古屋市
誕生日:1970年9月26日
年齢:51歳(※2021年時点で)
学歴:早稲田大学大学院卒
職業:武蔵野市市長
家族:夫、子供

松下玲子武蔵野市長は愛知県名古屋市で生まれましたが、通信社に勤務していた父親の関係で幼少期から日本各地を転々とされていたそうです!

幼稚園は新宿区で過ごし、その後横浜市へ。

中学の途中からは北海道苫小牧市へ引っ越し、高校卒業後は実践女子大学短期大学を卒業しています。

その後、同大学の文学部美学美術史学科を卒業し、サッポロビールに一般職で就職。

2001年に退職をしたことをきっかけに早稲田大学大学院経済学研究科修士課程(応用経済学専攻)を修了していました。

まとめ

【松下玲子(武蔵野市長)は帰化してた?!中国か韓国人で通名の噂は?】と題してお伝えしてきました!

武蔵野市長の松下玲子さん外国人参政権で話題になっていましたね…。

今回否決されましたが、可決されていたらと考えると個人的には少し恐ろしく感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!