人物

江川昌史(アクセンチュア)の生年月日や高校大学の学歴!経歴に年収も調査

江川昌史(アクセンチュア)の生年月日や高校大学の学歴!経歴に年収も調査

アクセンチュアの日本法人のニュースで話題になっていますね!

アクセンチュア日本法人というとかなり有名ですし、就職先としても人気のある企業。

そこで今回はアクセンチュア日本法人の代表取締役社長・江川昌史さんについてまとめていきたいと思います。

江川昌史さんの生年月日や出身高校や大学の学歴に、経歴や年収額についても調査していきたいと思います!

では早速【江川昌史(アクセンチュア)の生年月日や高校大学の学歴!経歴に年収も調査】としてお伝えしていきます。

江川昌史(アクセンチュア)の生年月日

生年月日は非公表

アクセンチュアの日本法人代表取締役社長をされている江川昌史さん。

その江川昌史さんの生年月日は非公表となっていて分かっていません。

アクセンチュア日本に入社したのは1989年となっていました!

ただ大学卒業後すぐに入社したのかどうかは定かではありませんので、生年月日のヒントとなるものはありませんでした。

江川昌史(アクセンチュア)の高校大学の学歴!

  • 出身高校は非公表
  • 出身大学は慶應義塾大学

アクセンチュア日本法人の江川昌史社長の学歴ですが、出身高校は非公表で分かっていません。

神奈川県出身なので、おそらく県内にある高校ではあると思います。

ただ出身大学は判明していて、慶應義塾大学の商学部卒業されていました!

ちなみに慶應大学商学部の偏差値は65~67.5です。

【アクセス】
住所:〒108-8345 東京都港区三田2丁目15-45

江川昌史(アクセンチュア)の経歴

  • 1989年:アクセンチュア日本法人入社
  • 2000年:パートナー就任
  • 2008年:アクセンチュア執行役員、製造・流通本部統括本部長に就任
  • 2014年:アクセンチュア取締役副社長に就任
  • 2015年:アクセンチュア代表取締役社長に就任

アクセンチュア日本法人の社長・江川昌史さんは、製造・流通業界を中心に、下記のプロジェクトを指揮したことが評価されパートナーに就任していました!

※パートナー=役員のことを指します。

  • 通信
  • ハイテク
  • 素材・エネルギー
  • 金融業界や公共サービス領域など

デジタル改革支援をさらに図るべく、デジタルマーケティング企業であるアイ・エム・ジェイの株式過半取得を主導。

他には、働き方改革や女性従業員比率の向上といった分野にも取り組んでいるんだそうです!

江川昌史(アクセンチュア)の年収

  • 年収は非公表
  • パートナーの年収は5000万円

アクセンチュア日本法人の代表取締役社長・江川昌史さんの年収、気になりますよね!

そこで年収について公表されていたり、ニュースで報道されている内容から読み取れるか確認してみました。

ですが代表取締役社長の江川昌史さんの年収に繋がりそうなヒントはありませんでした。

ただ、アクセンチュア日本法人のパートナー=役員になると40代以上の方々が多い傾向にありますが、年収は5000万円以上だと公表されていました!

画像引用:キャリコネニュース

アクセンチュア日本法人では役員で約5000万円以上だとされていますので、代表取締役社長となると年収7000万~1億円くらいなのではないでしょうか!

日本における年収7000万円だと手取り額は大体3600万円くらいだとされていて、年収1億円だと手取り額は4900万円くらいだとされています。

ただ、あくまでも↑こちらの年収額は推測の金額になりますので、代表取締役社長が公表されている訳ではありません。

まとめ

以上【江川昌史(アクセンチュア)の生年月日や高校大学の学歴!経歴に年収も調査】としてお伝えしてきました。

アクセンチュアの日本法人の労働時間の問題が明らかになり、ニュースで報道されていましたね。

働き方改革に取り組んでいると企業で謳っていたこともあり、今回の件は大きく話題になったんだと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!