人物

乗松聡子の国籍はカナダ?!経歴や結婚した旦那・子供の家族構成を調査

乗松聡子の国籍はカナダ?!経歴や結婚した旦那・子供の家族構成を調査

琉球新報で書いた<乗松聡子の眼>という記事が大きく話題になっている乗松聡子さん!

どんな方なんだろうと調べてみると、まず国籍がカナダだという話を目にしますね…

日本人のお名前ですが、カナダで生まれ育ったということなんでしょうか?

今回の記事では乗松聡子さんの経歴や結婚した旦那様や子供といった家族構成についても、まとめていきたいと思います。

では【乗松聡子の国籍はカナダ?!経歴や結婚した旦那・子供の家族構成を調査】としてお伝えしていきます!

乗松聡子の国籍はカナダ?!

  • 国籍がカナダなのかは不明
  • 現在の居住地はカナダ

乗松聡子さんが琉球新報で書いた記事がSNS上で大きく話題になっていますね。

現在、世界的を賑わせている諸外国の件について書かれている記事なので話題を呼んでいます。

乗松聡子さん自身にも注目が集まっていて、調べてみるとカナダ国籍というワードが出ているんですよね!

なので乗松聡子さんの国籍はカナダなのかと思い、調べてみましたが詳細は公表されていませんでした。

ただ、現在の住んでいる場所が「カナダ」であることは間違いないとのこと!

もしかしたらカナダで永住権は獲得されているかもしれませんが、国籍は日本のままの可能性も考えられるとされていました。

乗松聡子の経歴

話題になっている乗松聡子さんの経歴ってどんなものがあるのか気になりますよね?

そこで乗松聡子さんの経歴について調べてみるとこんな感じでした。

画像引用:琉球新報

【経歴】

  • 東京都出身
  • 高校時代にカナダに語学留学
  • ブリティッシュコロンビア大学経営学修士
  • アジア太平洋ジャーナル・ジャパンフォーカス編集者
  • 現在もカナダに居住
    ※通算23年カナダに居住

【著書】

  • 沖縄は孤立していない(世界から沖縄への声、声、声)
  • よし戦争について話をしよう。戦争の本質について話をしようじゃないか
  • 沖縄の怒り日米への抵抗 など

乗松聡子さんはカナダに通算23年居住されているようです!

著書もあり、プロフィールの欄にはこんな記載も↓

『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』エディターとして、人権・社会正義・歴史認識・戦争責任・米軍基地・核問題等について、日英両文で研究・執筆・教育活動を行う。東京出身、高校時代を含みカナダ西海岸に通算23年在住。「ピース・フィロソフィーセンター」代表。
引用:HMV

乗松聡子さんが代表を務めるピースフィロソフィーセンターは、2007年にカナダのバンクーバーで設立されていました。

「平和で持続可能な世界を創るための対話と学びの場を提供」するところだとされています!

乗松聡子の結婚した旦那・子供の家族構成

  • 結婚の有無は不明
  • 結婚した旦那や子供がいるのかも不明

乗松聡子さんの家族構成について調べてみました!

調べてみたんですが情報が全くなく、結婚しているのかどうかという事や、旦那(夫)や子供がいるのかどうかという事も分かっていません。

高校時代の語学留学を含めて、カナダに23年住んでいるということでしたので、結婚しているとしたら現地でされている可能性が高いです。

なので結婚した旦那(夫)はカナダ人や外国人の可能性も考えられますね!

今後、新しい情報が入りましたら、更新したいと思います。

まとめ

【乗松聡子の国籍はカナダ?!経歴や結婚した旦那・子供の家族構成を調査】としてお伝えしてきました。

これまでも編集者として執筆活動や、海外書物の和訳ということをされていることが伺えましたね!

では最後までお読みいただき、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!