人物

平野歩夢の母の年齢は何歳?父親や兄弟の家族を調査!生い立ちについても

平野歩夢の母の年齢は何歳?父親や兄弟の家族を調査!生い立ちについても

今回の北京オリンピック・スノーボードで金メダルを獲得された平野歩夢選手!

キンプリの平野紫耀さんと似ているということでも連日話題になっていましたよね^^

そんな平野歩夢選手なんですが母親が若くて美人だということでも注目が集まっているんです!

そこで平野歩夢選手の母親の年齢は何歳なのか調査していきたいと思います。

では【平野歩夢の母の年齢は何歳?父親や兄弟の家族を調査!生い立ちについても】としてご紹介していきます。

母親だけでなく父親や兄弟の家族構成、生い立ちについても分かりましたよ♪

平野歩夢のスポンサーはヨネックスでも板はBURTONなのは何故?!
平野歩夢のスポンサーはヨネックスでも板はBURTONなのは何故?!北京オリンピックで金メダルを獲得したスノーボード選手の平野歩夢さん^^ めちゃくちゃすごい大技も繰り出していてかっこよかったですよ...

平野歩夢の母の年齢は何歳?

平野歩夢選手が2022年2月現在で24歳ですから、母親もきっとまだまだお若いでしょうね^^

しかも平野歩夢選手は母親似ということも言われていますので、美人であることも想像がつきますね!

では平野歩夢選手の母親について見ていきましょう。

平野歩夢の母の年齢は何歳?

年齢は49歳

北京オリンピック・スノーボードで金メダルを獲得された平野歩夢選手!

母親の名前は「平野富美子(ひらの・とみこ)」さんといって、年齢は2022年で49歳。

しかもとっても美人さんなんですよね^^

平野歩夢選手と母親の富美子さんは目元なんかがソックリなので、母親似ということが良く分かります♪

 

平野歩夢の父親は?

  • 父親は英孝(ひでのり)さん
  • 年齢は51歳
  • 日本スケートボーディング連盟副理事

平野歩夢選手の父親は名前を英孝さんといって、日本スケートボーディング連盟の副理事を務めている人物!

年齢は2022年で51歳になられます。

画像引用:日刊スポーツ

父親の英孝さんは元々プロのサーファーを目指していた方で、22歳の頃に準公務員を辞めてサーファーショップを開始しています。

その後に800万円の借金をしてスケートパークを設立!

子供たちがいつでもスケートボードができる環境を整えていました^^

しかも現在の職業としては、日本スケートボーディング連盟の副理事まで務めているというから素晴らしいですね♪

ちなみに平野歩夢選手の父親が経営しているのは、これだけでなく「居酒屋」もあります。

【アクセス】
住所:〒958-0037 新潟県村上市瀬波温泉2丁目5-26

平野歩夢の兄弟は?

  • 兄:英樹(えいじゅ)
  • 弟:海祝(かいしゅう)

平野歩夢選手の兄弟は、兄と弟が1人ずつ!

弟の海祝選手は北京オリンピックに出場されていたので有名ですよね^^

でも平野歩夢選手のお兄さんもスノーボーダーで賞を獲得するほどのスキルの持ち主なんですよ♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

平野英樹(@eiju.hirano)がシェアした投稿

兄の英樹さんは1995年7月23日生まれの年齢26歳、歩夢選手よりも3歳上。

2011年US OPEN初出場で7位入賞、2015年レボリューションツアーで優勝もされています。

2020年に結婚され、現在は一児のパパでもあります^^

そして弟の海祝選手は2002年10月14日生まれの19歳。

 

この投稿をInstagramで見る

 

AYUMU HIRANO(@ayumuhirano1129)がシェアした投稿

(※画像真ん中が弟の海祝さん)

2020年1月ローザンヌ2020ユースオリンピックにてスノーボード男子ハーフパイプ決勝で銀メダルを獲得しています!

お兄さんと弟さんはお顔立ちが父親の英孝さんに似ているんですね^^

平野歩夢の生い立ち

生い立ち

  • 4歳からスケートボード開始
  • 10歳でBURTONと契約
  • 2011年・2012年では全米オープンジュニアジャムで連覇
  • 2011年1月:X GAMEで史上最年少銀メダル獲得
  • 2011年2月:欧州オープン優勝
  • 2014年:ソチ五輪で銀メダル獲得
  • スノーボードにおける最年少メダリストとしてギネス認定
  • 2015年:欧州オープン2位、全米オープン3位
  • 2014-2015シーズンワールドスノーボードツアープロシリーズで男子ハーフパイプ優勝
  • 2016年1月:LAAXオープンで優勝
  • 2016年:X GAMEで優勝
  • 活動休止
  • 全米オープンの試合で大怪我を経験
  • 2017年2月:BURTONから木下グループに移籍
  • 2018年:平昌冬季オリンピックで銀メダル獲得
  • 2022年:北京冬季オリンピックで金メダル獲得

平野歩夢選手は兄の影響で4歳からスケートボードを開始。

幼少期は兄がライバルで、兄よりも上手になりたい上に行きたいという気持ちが強かったんだそうですが、現在ではお互いが支え合う良い関係になっているんだそう^^

お互いに年齢を重ねて大人になったということなんでしょうね!

そして2016年以降に一度、活動休止をされていました…

というのも未成年の飲酒問題に巻き込まれてしまった様子。

平野歩夢選手は当時未成年で、本人は飲酒の事実を否定したのですが第三者委員会の調査が入るということになり、やむなく活動休止に至っていました。

その後、全米オープンに出場した際に左膝で腹部を強く打ち、肝臓破裂という大けがを負うことに。

しかも肝臓破裂に加えて左ひざの内側側副靭帯損傷という怪我もありました。

当時の試合ではすぐに救急搬送され、集中治療室に運ばれて2ヶ月の絶対安静を言い渡されていたそうです。

怪我の大きさが良く分かりますよね…。

無事に快復されて、今回の北京オリンピックで金メダルが獲得できて本当に良かったですよね^^

まだまだ24歳で今後の活躍も期待されていますし、次回のオリンピックでも平野歩夢選手のスノーボードが見たいですね♪

まとめ

以上【平野歩夢の母の年齢は何歳?父親や兄弟の家族を調査!生い立ちについても】としてご紹介してきました!

平野歩夢選手の母親、父親、兄弟と全員が美形揃いでビックリしちゃいましたね^^

では最後までお読みいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!